服用後の治療経過

プロペシアを通販で購入する前に知っておくべきこと

服用後の治療経過について

プロペシアの服用をはじめてから3ヵ月間は忍耐の時期です。

フィナステリドの脱毛抑制作用により徐々に抜け毛が減っていきますが、パッと見た感じでは薄毛が改善した印象を受けることはないでしょう。実際に多くの方が改善を実感しはじめるのは、プロペシア服用から4~6ヶ月を経過した頃になります。

また、服用から6ヵ月~1年は顕著に改善が見られる時期です。以前であれば抜け落ちてしまっていた毛髪がしっかり成長していきますので、1本1本の毛が太くなりボリュームの増加を感じはじめます。

逆にこの時期になってもプロペシアによる脱毛抑制・進行遅延が実感できない場合は、今後の治療を検討する必要があります。

その後、服用から1~3年までは安定した改善期です。少しずつですが確実に頭髪のボリュームは増加を続けるでしょう。ただしプロペシアの服用をはじめてから4年目以降は、さらなる毛量の増加を期待することができません。服用から3年経過後は、毛量の増加から毛量の維持へとプロペシア服用の目的をシフトしてください。

このように、プロペシア服用によるAGA治療に影響を与える最大因子はなんといっても治療期間となります。プロペシアによる効果を3ヵ月で判断することは難しいので、まずは6ヵ月間根気よく服用を続けるのが鉄則です。

プロペシアについて学ぼう!